TOMクリニックの基本情報

 

診療時間 10:00~20:00
休診日 不定休(完全予約制)
支払い方法 現金、クレジットカード、医療ローン
医院数 東京新橋・大阪梅田の2院

 

 

TOMクリニックは、プロペシアなど薬による治療と自毛植毛の両方に対応しており、

どちらか、または両方の治療をミックスして行うことで高い確率で

薄毛を改善することができるクリニックです。

「本当に効果はあるの?」「費用は高くないの?」「強引に契約させたりはしない?」など、

評判や口コミを知りたい人向けに、悪い評判を中心にネット上の評判を集めてみました。

さらに、筆者自らが無料カウンセリングを受け、契約をして治療を受けた体験談も詳しく掲載します。

TOMクリニックの本当の姿を、包み隠さずにどこよりも詳しく紹介します。

 

TOMクリニックはどんなクリニック?

 

 

まずはTOMクリニックとはどんなクリニックなのかを簡単に説明します。

薬によるAGA治療と自毛植毛どちらも対応しているクリニック

現在、本当に効果のあるAGA治療・薄毛対策は2つあります。

プロペシアやミノキシジルといった「内服薬による治療」と、

後頭部や側頭部の髪を移植する「自毛植毛」です。

日本にはAGA治療を行うクリニックは数多くありますが、

「薬か植毛のどちらか」を行っています。しかし、TOMクリニックは

「薬も植毛もどっちも」行っている珍しいクリニックです。

患者は医師に相談して薄毛の状態を診察してもらったうえで、

内服薬による治療が良いのか、植毛の方が良いのかを決めることができます。

また、比較的発毛しやすい頭頂部は内服薬で発毛させ、

発毛が難しい生え際やM字部分だけ植毛するという、

二つの治療の良いところをミックスした「BUSH治療」というものもあります。

 

話題の植毛ロボット「ARTAS」を導入

自毛植毛には「FUT」と「FUE」という二つの方法があります。

それぞれの特徴を簡単にすると以下のようになります。

  • FUT・・・メスで後頭部を皮膚ごとカットし、1本1本切り分けて植える方法。
  • カット部分の縫合が必要で傷跡が残り、痛みも伴う。
  • FUE・・・FUTと同じく後頭部から採取するが、面ではなく点で採取する。
  • 髪の毛を毛母細胞ごと採取して植毛する。髪が1cm以上あれば傷跡は目立たない。

TOMクリニックの植毛は「FUE」です。そして、FUEにはさらに二つの方法があります。

「医師が手作業で行う方法」と「植毛マシンARTASで行う方法」です。

医師も人間なので長時間続けると疲れが出て、後半になると正確性に欠けてくるデメリットがありますが、ARTASならば同じペースで正確に行えるメリットがあります。

TOMクリニックはまだ日本では導入しているクリニックが少ないARTASを導入しています