太陽光発電の理解には、メリットとデメリットを知るのが一番です!
今では新築に太陽光発電設置は当たり前の時代です。
太陽光発電は10年前の5分の。今は誰でも購入できる価格まで大幅に下落しています。
この記事で、現状維持のままが本当にメリットなのか、
それとも太陽光発電設置がデメリットであるのかご確認ください。

太陽光発電のメリットとは

 

まずはメリットに注目してみます。代表的なものは以下の7つになります。
・太陽光発電による電気で電気購入量を大幅に削減できる。
・エコロジーな環境配慮した生活ができる。
・売電で収入が得られる。
・太陽光発電設備が低価格になって来た。
・災害時の非常用電源として使える。
・補助金がある。
・屋根に設置することで夏の太陽の熱を遮断
・設置費用の元が取れる。

このように電気代の節約や売電収入だけでなく、
本来の目的であるエコや災害時の非常用電源として太陽光発電は注目を集めています。
そうは言っても気になるのは価格ですよね
太陽光発電には以下のようなメリット・デメリットの相関関係がありますので、確認してみましょう。
・売電収入 <=> 売電価格の低下
・初期費用が回収できる <=> 補助金の縮小
・長期投資 <=> 故障への不安
 
 
 
 
 
 

売電価格の低下というデメリット

 

メリット・デメリットとして注目がされるのが「売電収入」です。

売電とは、太陽光で発電した電気を電力会社へ売り、収入を得るというものです。
この売電に関する制度が固定価格買取制度」です。
固定価格買取制度は、固定年数を同じ売電価格で電気を買い取るという仕組みです。

年数が決まっていれば、ある一定の売電収入が見込まれ、

太陽光発電の設置費用も回収しやすく、普及を促すことができるのです。
この売電価格が下がっているというニュースを見るかと思います。

しかし価格低下には理由があります。固定価格買取制度は、

太陽光発電設備費用と共に変化しており近年の価格の低下に合わせ、

売電価格も下がったというわけです。
売電価格「低下=デメリット」という考えではなく、

適正価格になっていると考えたほうが良いでしょう。

国民負担を考えた場合もこれは妥当だと言えます。

 

 ⇒ 新日本住設の公式ページに行ってみる

 

 

太陽光発電